地域循環型社会に貢献する「本物の家づくり」

木楽工房は設計事務所と各棟梁が率いる4つの工務店、各職人、製材所がフラットに繋がる組織の総称です。それぞれが立場、誇り、技術を認め合いながらこれまでいくつもの物件を手掛けてきました。
プランの面ではご要望・理想とするイメージ・諸条件等を伺い、場所性(立地条件)を踏まえ、歴史が備える知恵や必然性と今時代に適応したデザインを並列的に検討した上で、一品生産の家をご計画致します。
下地材や断熱材のような見えてこない「裏方」にまで自然素材を厳選しています。また自然エネルギーを有効利用し、快適性や耐久性を考慮した空間構成・工法を採用します。人と建物が共に健やかである家づくりを心がけています。
木材は地場産の無垢材です。山から家がつくられ、地域の山林の循環的な機能の活性化に寄与する地産地消を実践しています。建築・住空間と共に、プロセスや体系においても環境や地域に根ざす新しい自然主義を目指します。
古民家再生や伝統工法の経験を重ね、木造本来の手刻み加工や継手・仕口などの高度な手仕事の経験を重ねています。「伝統」を引き継ぎ「今」に生かすことによって、「未来」の古民家となり得る丈夫で再生可能な(循環可能な)構造を築きます。
地域循環型社会に貢献できる本物の家づくりをこれからも続けていきたいと考えています。
株式会社 木楽工房 茨城県常陸太田市稲木町866