循環可能な構造体

循環可能な構造体

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

循環可能な構造体

現在の木造建築の多くの現場では、加工については量産化システム(プレカット)、高度な職人技術を必要としない金物接合が主流です。
一方、伝統軸組構法は継手や仕口などの複雑な技術が必要であり、手刻み加工や現場作業には高度な職人技術と経験を要します。元来、量産化より一品生産に相性のよい構法です。
木楽工房では規格化や機械化され過ぎたモノづくりよりも、大工が木の特質を見極めながら高い技術と手仕事によってつくる、「未来の古民家」となり得る構造体を築くことを大切にしています。
(住宅の上棟:茨城県ひたちなか市)